NDD方式のFX会社とは

FX会社には2種類の会社があります。
DD方式の会社とNDD方式の会社です。

NDD方式とはノン・ディーリング・デスク方式の略で、ディーリング部門を置いていない会社の取引を指します。
具体的には、顧客の注文を直接FX会社が受けるのではなく、
カバー先のレートで約定することになります。

つまり、お客様の注文が自動的にカバー先(インターバンク)に流れ、
複数のカバー先がある場合、原則として一番スプレットの狭い取引レートで約定する事になります。

ただし、一部例外もあります。
約定を優先させるために、最良のレートではなく注文を受け入れるカバー先へ発注する場合もあります。

このように、全てシステム上で解決されてしまいます。
世界ではこのようなNDD方針のやり方の会社がほとんどです。
このシステムですと、FX会社はポジションを抱えないので、含み損などの負債を抱えることはありません。
完全手数料商売となりますので、小さい会社ですとシステム費がかさんでしまい、
赤字経営となる場合となります。

一方、ディーリング部門を持ち、顧客の注文を自社で受ける方式はDD方式(相対取引)となります。
お客様の注文をカバーへディーラーが流すという流れですね。
弊社は完全なNDDなので、実態はどのようになっているのかは分からないです。

NDD方式のメリットはカバー先のレートを利用するため、価格操作がなく公正な価格であることです。
状況によっては顧客に有利な逆スプレッド(マイナススプレッド)やスリッページが発生する場合があります。
その場合のスリッページは、有利にも不利にも動きます。
ブレイクアウトの場面や早朝などの板が少ないときも起こりやすくなります。

また、基本的にスキャルピング取引やEAによる自動売買に制限はありません。
システムが全て処理を行うので、
変な制限もかけませんし、短期売買が多いということで口座凍結を行うことはありません。
逆にスキャルピングでたくさんトレードを行っていただければ弊社としては売り上げが上がります。
更に、お客様がFXトレードで資産を増やしていただき、
長きにわたってお付き合いできれば幸いですので、
弊社ではお客様が勝てるよう様々なサービスを展開していきたいと考えています。

デメリットは、注文によっては部分約定が発生する可能性があります。
また、固定スプレッドの提示ができないことです。
これは、市場のレートに対してそのまま反映しているので仕方ないことなのです。

以上のようにNDD方式は薄利なシステムのため、採用している国内会社は当社FOREX EXCHANGEを含め、数社程度です。
本当に薄利多売な商売ですが、
投資家様たちに長期間にわたり勝っていただき人生を豊かにするお手伝いが出来ればと業務に取り組んでいます。

 
 新しい記事  古い記事