FXでの市場時間について

FXの取引時間は、世界的に取引されていることからほぼ24時間取引は継続的各国のブローカー同士で取引はおこなわれています。

勿論、取引が多く執り行われれば行われるほど取引が多くなり取引価格も平準化されて効果としていろいろな機関投資家が参加している健全な市場と理解して取引高も約定価格も正確に出てきます。

つまり世界中が同時刻にほぼ一斉に取引が行われています。
時間にして市場の取引がお休みの土日以外はほぼ世界中で24時間取引が休むことなく行われています。
その為どこのFX業者の取引価格も止まることなく動いています。
FX業者ではいつ見ても提示されたレートが動いていることが確認できます。
取引は、ニュージーランドのウェリントンで取引がはじまり、オーストラリアに移り、そこからアジア最大のFX取引業者(機関投資家)が多い東京で取引が引き継がれて、その後はシンガポール、香港、インドを経由してイギリスロンドンに取引は引き継がれていきます。

そこからアメリカのニューヨークで取引が行われ、更にアメリカ国内を東海岸から西海岸のロサンゼルスまで取引が引き継がれます。
その後は一旦ホノルルを経由してまた最初のニュージーランドのウェリントンまで取引が引き続き取引されながら世界中を繋がって回ります。

世界中の機関投資家の一番多い地域はニューヨークであり、次にロンドンマーケットです。
東京は、その次に多い地域となっている。

よく相場の変動時期として夜9時前後のロンドンタイムや夜中の2時前後のニューヨークタイムで相場の大転換が発生しやすくなっています。

投資家が多いので必然的にマーケットの参加者数も多くなりますからその時刻で相場が変わる可能性が大きいです。

勿論それ以外でも、有識者や著名人の重大発表があると相場は大きく転換する。
その他に
各国の指標発表があるとそれに基づいて相場が大幅に影響を受けて、変動します。