EAを使う前にバックテストをしてみよう

EAのバックテストってご存知ですか?
これを知っているのと知らないのでは大きな違いが出てきます。

実際にEAの購入サイトでは必ずと言っていいほど表示されています。
多くのEA購入者は、このバックテストを参考にして使用するEAを選んでいます。

バックテストとは

そもそもバックテストとはどのようなことを言うのでしょうか。
バックテストとは、EAの売買プログラムで過去のレートで取引を行った場合、どのような結果が出るのかを把握することができます。

使うのは今後のレートなので、過去より先を見ることが大事だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、意外と過去のデータも役に立つものです。

そもそもですが、EA購入サイトを見たときに、欲しいEAのバックテストを見て損益ばかり出ていたらそのEAを買いますか?
制作者のことが好きでない限り、その残念なEAには手を出すことはないでしょう。

逆にEAが過去にとてもいい成績を収めていたら、購入の一つの指針となるのではないでしょうか。

バックテストのやり方

まずMT4を開きます。
これはデモ口座でもリアル口座でもどちらでも構いません。
立ち上げたら、赤枠で囲んである虫眼鏡(ストラテジーテスター)のボタンをクリックします。

クリックすると、ターミナルの下にテスターが出現します。
こちらでバックテストを行うことが出来ます。

➀の個所で必要情報を埋めていきます。

■エキスパートアドバイザー
バックテストを行うEAを選択いたします。
※この段階までにEAをMT4上に入れておかなければなりません。

■通貨ペア
バックテストを行いたいEAを稼働させる通貨ペアを選択します。
様々な通貨で試すことが出来ますので、どの通貨が一番ベストなのかを確認しましょう。

■期間
EAを稼働させる時間足を選択します。
1分足~日足まで設定を行うことが可能です。
こちらも様々な時間足で試してみてベストなものを探してみましょう。

■モデル
どの情報を元に取引を行うのかを選択します。
よほどのことがない限り、全ティックを選択するのがいいと思います。

■スプレッド
通貨ペアのスプレッドを設定します。
これは現在値で問題と思います。
過去に急激なスプレッド変更があった場合は修正してください。

■日付と時間を使用
チェックを入れて、過去検証したい期間を「開始日」「終了日」に設定します。
なるべく長めの期間設定が好ましいと思われます。
短期間のデータよりも長期間のデータのほうが正確と言われていますからね。

設定が終われば、②のスタートをクリックしてください。

緑色のゲージが貯まればバックテストを確認することが出来ます。
結果やグラフやレポートなどを見てそのEAの使う方法をしっかりと見極めましょう。