1000通貨あたりの証拠金はいくらなのか?

FX取引(外国為替証拠金取引)ではレバレッジを使用して取引を行うことが出来ます。
2018年7月26日現在では、最大25倍の証拠金で為替取引を行うことが可能となります。
※法人はまた別のレバレッジになります。
詳細は法人口座(レバレッジ等)をご覧ください。

では実際に証拠金はいくらかかるのかを調べてみました。

ドル円110円の場合
110×1000=110000円(11万円)
これを25で割れば証拠金が出てきます。
なので、4,400円がドル円1000通貨の必要証拠金となります。

ではこの計算を元に、考えてみましょう。

ドル円110円の場合:4,400円
ユーロ円129円の場合:5,160円
ポンド円145円の場合:5,800円
オーストラリアドル円82円の場合:3,280円
ニュージーランド円75円の場合:3,000円
カナダドル円85円の場合:3,400円
スイスフラン円111円の場合:4,440円

ちなみにクロス円以外の計算方法は一度円ベースにして考える必要があります。

ユーロドル1.16であれば、
これに上記のドル円をかけます。
1.16×110×1000=127,600円
これを同様に25で割れば日本円の証拠金が出てきます。
なので5,104円がユーロドル1.16の必要証拠金となります。

このように計算していけば、1000通貨あたりの証拠金を導き出すことが可能となります。

実際にこの計算をすることで、現在の残高であれば、MAXで何通貨の取引が出来るということも分かります。
ですが、残高をすべて使用して取引を行うと、ロスカットが発生してしまう恐れがあります。

なのでいくら必要なのかと知っておくはとても大事です。
かといって過度な取引は行わないようにしましょう。