お客様サポート

リーブオーダー

顧客が値段を指定して出す注文の形態で一般的には「指値注文」と「逆指値注文」の新規注文の相称をさす。

「指値注文の買い注文」の場合は指定した値段以下で買える注文のことで、「指値注文の売り注文」の場合は指定した値段以上で売却できる注文です。

「逆指値注文の買いは」もちろん買い注文である以上できるだけ安く手に入れたいが、その銘柄がこれから利益が出る可能性のある銘柄に投資したいそのための指標に基づきある程度まで上がる潜在力を秘めた銘柄に買い注文を出したい場合、あるレベルまで上がれば買い注文を出すというような場合に利用する。

逆にある程度上がる潜在能力があると思われていた銘柄に思惑とは逆に上がるのではなく下がり始めた場合で、見切り売却としてそこまで下がったらあきらめて売却するというような時に「逆指値の売り注文を利用して注文を出す」ことができます。

逆指値注文で重要なのが何時までオーダーとして預かるかという執行時限の指定が重要です。

一般的な株式市場などでは無い機能です。
株の注文で逆指値が発注できる場合は、
オーダーを市場で預かるのでなく証券会社が独自のオーダー形態として各証券会社が預かるということになります。
取引所で預かる注文としては指値注文は証券取引所で預けることができます。
発注する際にその日注文か一週間注文かは選ぶことになり、オーダーは取引所で預かることになります。
この際重要なのが注文が出来なかった時の管理についてですが、証券会社が教えてくれる場合もありますが、原則は投資者自身が管理することで、約定が出来なかった場合に、再オーダーするかどうかを覚えておく必要があります。

用語集

下記文字をクリックして頂き、他にも調べたい用語をチェックしてみてください。