FXのしくみと注文方法

FX取引とは、買ったら売りで決済、売ったら買いで決済することが基本です。
新規の注文に対し、反対の売買をすることで損益が確定します。

では、実際に注文を出して取引をするにはどのようにしたらよいでしょうか。

FXには通貨ペア(商品)があります。
「俺のFX」でのお取り扱い通貨はドル円(USDJPY)をはじめ、25通貨ペアをお取引いただけます。
まずは取引をする通貨ペア(商品)を決めて、チャートやニュースなどを参考に、いくつ(数量) 買うのか売るのかを決めます。

例えば、ドル円 (通貨ペア:USDJPY) を1ドルあたり110円のときに10,000ドルを買ったとします。
すると、1,100,000円を渡して※1 (売る) 10,000ドルを受け取る (買う) ことになります

その後、ドル円 (通貨ペア:USDJPY) を1ドルあたり111円のときに10,000通貨を売って決済したとします。
すると、10,000ドルを渡して (売る) 1,110,000円を受け取る (買う) ことになります。

さきほど、1,100,000円を渡して (売る) 10,000ドルを受け取り (買う) 、今度は持っている10,000ドルを渡して (売る) 1,110,000円を受け取った (買う) のですから、差引10,000円の利益が出たことになります。
これがFX取引の基本的な仕組みです。
※相場の動向によっては損失が発生する場合があります。

そして注文する際には、以下のような注文方法があります。
成行注文
指値注文
逆指値注文
オーシーオー(One side done then Cancel the Other order)注文
イフダン(IF-DONE)注文
イフダンオーシーオー(IF-DONE One side done then Cancel the Other order)注文
トレイリング・ストップ注文(参考記事:トレール注文とは)

とにかく注文成立が最優先のときは成行注文、指定した価格以上か以下で注文成立をさせたいときは指値注文、指定した価格をつけた直後に成行注文を出すには逆指値注文、これらの注文を組み合わせて、この価格を付けたら注文を出して、成立したら他の注文はキャンセルし、決済はこの価格以上または以下で決済するといったように、お客様に合わせた注文を出すことができます。

これらの注文は有効期限をつけることもできますし、サーバー上に残るため、パソコンを落としていても注文は有効です。

弊社では無料で取引を試すことができるデモ口座がございますので、ぜひ取引を体感なさってください。
もちろん、デモ口座の作成も無料で、カスタマーサポートまでご連絡をいただければ、デモ口座の入金にも対応いたします。

デモ口座の作成方法はこちら

※1 FX取引では、実際に1,100,000円をお支払いいただくのではなく、必要証拠金をお預けいただく(個人の場合、総約定代金1,100,000円×証拠金率4%=必要証拠金44,000円)ことで、1,100,000円をお支払いいただいた場合と同様のお取引が可能です。これをレバレッジと言います。必要証拠金はポジションを決済すると解消されます。