FX口座開設時の身分証明の提出について

口座開設の時に、お時間がかかってしまう要因の一つとして本人確認書類の不備があります。
FX口座開設時に必要な身分証明書の説明をしたいと思います。
※今回の説明は当社での話となりますので、他社様の場合はそちらをご確認ください。

免許証

身分証明書にはどのような種類があるのか

弊社でご利用いただける書類は以下になります。

・運転免許証
・健康保険証
・住民基本台帳カード
・パスポート(日本国旅券)
・住民票の写し(発行から3ヵ月以内のもの)
・印鑑登録証明書(発行から3ヵ月以内のもの)
・「在留カード」または「特別永住者証明書」
・その他官公庁から発行又は発給された本人確認書類
・マイナンバーカード
※住民票の写し・印鑑証明書を本人確認として利用する場合は、画像やコピーではなく、原本を提出していただく必要があります。

意外とあるんですよね。
なので、ご自身のお持ちの証明書をご提出いただければと思います。
ちなみにですが、免許証や健康保険証などは「表面」「裏面」併せてご提出いただくようにお願いしています。
またパスポートの場合ですと住所記載欄も併せてご提出をお願いいたします。

基本的には口座開設時にアップロードして頂くのですが、
データファイルが大きかったりして、アップロード出来ない場合があります。
そんな場合は、こちらのアドレスまでメールで送信して頂ければ、弊社にて対応させていただきます。
support@forex-exchange.com

口座開設にはマイナンバーも必要

たまに免許証のみを提出される方もいらっしゃいますが、
FXの取引口座を開く際は、マイナンバー書類も必要となります。

・マイナンバー通知カード
・個人番号が記載されている住民票の写し
・マイナンバーカード

上記が該当します。

マイナンバーカードが重複していると気づかれたかと思います。
マイナンバーカードであれば、本人確認書類にもなりますし、マイナンバー書類としてお使いいただけますので、
これ一つで身分証はコンプリートとなります。

何も書いてなくても裏面は必須

マイナンバー通知カード

免許証やマイナンバー通知カードを表面のみお送りいただく場合があります。
弊社の場合、表面のみだけでは口座開設が出来ず、裏面も必要となってきます。
住所変更などしておらず、裏面が無記入の場合、必要ではないとお考えの方が多いかと思いますが、
裏面に何も記載がないということが必要となってきます。

何も書いてなくても、記載がないという証明として送っていただければ幸いです。

番外編 国籍が外国の方

外国人のお客様には上記の本人確認書類の提出として
「在留カード」または「特別永住者証明書」が必要になります。

免許証などをご提示して頂いても問題ないのですが、
「在留カード」または「特別永住者証明書」がない場合口座開設が出来ません。

なので、口座開設を行う場合、
上記の本人確認書類とマイナンバー書類が必要となります。

こちらも両面が必要となりますのでご注意ください。

書かせていただいたように本人確認書類を両面提出いただければ、
確認事項のやり取りがなくなりますので、口座開設審査がスムーズに進みます。

 
 新しい記事  古い記事