外貨預金とFXの比較

外貨預金には利息が付きますが、FX取引にはスワップポイントが付きます。

外貨預金はFX取引のレバレッジ1倍と同じ、FX取引のレバレッジは最大25倍(個人の場合)です。

外貨預金で10,000ドルを110円の時に買うと、日本円で1,100,000円が必要です。
FX取引で10,000ドルを110円の時に買うと、日本円での必要証拠金額は44,000円(個人の場合)ですが、1,100,000円をお預けいただくことでレバレッジ1倍のお取引が可能です。

例)レバレッジ〇倍=総約定代金(お取引き金額)に対する預入証拠金の倍率のこと。
10,000ドルを110円の時に買った場合、総約定代金1,100,000円
レバレッジ25倍=総約定代金1,100,000円に対し、預入証拠金44,000円のとき
レバレッジ10倍=総約定代金1,100,000円に対し、預入証拠金110,000円のとき
レバレッジ5倍=総約定代金1,100,000円に対し、預入証拠金220,000円のとき
レバレッジ2倍=総約定代金1,100,000円に対し、預入証拠金550,000円のとき
レバレッジ1倍=総約定代金1,100,000円に対し、預入証拠金1,100,000円のとき

FX取引でレバレッジ1倍の運用をして、スワップポイントを受け取ると外貨預金の利息よりも良い?

USDJPYを10,000ドル買ったとして、1日あたり55円のスワップポイントが付きます。
単純計算でこのまま1年間ポジションを持っていたら、55円×365日=20,075円のスワップポイントが付くことになります※。
10,000ドルを110円の時に買っていたとしたら、20,075円÷1,100,000円=1.825%の利回りとなります。※

米ドルの外貨預金利息は1年で0.6%~0.8%※なので、同じ1,100,000円でも運用方法によって差が出ますね。

※2019年2月8日調べ。当社では毎月1回スワップポイントの見直しを行いますので、上記スワップポイントの数値は変動します。また、スワップポイントはマイナスとなる場合もございますので、都度弊社ホームページでご確認ください。相場の変動により、受け取ったスワップポイント以上の損失が発生する場合があります。

しかし、最近は世界の政治動向などによって不安定な傾向にあり、相場変動が大きくなってきていますので、スワップポイントだけを得ようとしても相場にのまれてしまうこともあります。
弊社のサービス「俺のEA」では、相場動向にあわせてトレンド型やレンジ型の自動売買EAを多数ご用意しておりますので、どうぞご利用ください。